様々な関係

こちらは出会い系サイト側が雇っているわけでも無い、それがネカマという存在である訳ですけどね。
サクラの場合、当然給料を支払う必要が出てくるわけでありますけれどね、サクラというのは自発的に勝手に女性のふりをしてくれるわけでありますからね、運営側としてはこれは大変に助かる存在になっているかもしれないのです。
出会い系サイト運営側としても、これ程嬉しい存在は他にないかも…というわけでもなさそうなわけですね。
それは、サクラと違いましてこのネカマというのは、出会い系サイトを盛り上げる為に行動してくれるわけではないわけなんですよね。
ネカマというのはインターネット上だけでネカマをやっていると言うわけであります、又それがたまたま出会い系サイトの中に居ると言うだけなんですね。
ネカマというのは自分の都合だけで行動している存在でありますから、必ずしもサイト側に役に立つような存在とは限らないわけですよ。
男性会員を騙しているうちはまだ良いわけですね、突然この話をしてしまい、他の女性会員のみんなネカマだ等と嘘を言ってしまったらもう大変になってしまうね。
これでは出会い系サイトのイメージがガタ落ちなってしまうわけですよ。
ネカマは男性がやるものでありますから、男性が喜びそうな事をしっかりと理解をしている存在であります。
例えば、未成年との関係を求めて援助交際等に興味を示している方たちが集まるようなサイトを利用し、自分が女子中学生や女子高生である等という事は、そこに沢山の男性がやってきてしまうわけですね。
ネカマをやっている人物に話をきいたんですけれど、この様な人達が一斉に集まってくるというのが、実に楽しいといるんですね。
集まって来ている男性たちは、自分のメール等ですっかり信じこんでしまうわけでありますからね。
未成年との関係という物は当然犯罪行為である訳ですよね。
この当然集まって来ている男性たちも理解をしているわけですね。
ですから金品を高めたり、お金の巻き上げられた等という、この様な話まである訳ですよ。
お小遣いを振り込んでくれたら、会っても良い等と掲示板に書き込みをして、実際に男性から振り込みなあった等という実例まで存在をしているわけですね。